地域ならではの特産品

カタログギフトの活用法と予算

どのようなものを贈ったら相手に喜ばれるのか頭を悩ます人は多いです。そのようなときには贈る側の予算と一致したカタログギフトを贈ることにより、掲載されている商品の中から相手は自分が欲しいものを選択できます。このような利点からカタログギフトは結婚式の引出物や内祝い、誕生日祝いなど幅広い場面で使われています。

カタログギフトというと予算により掲載されている商品が異なるだけ、というイメージが強いです。しかし近年では様々な種類のカタログギフトがあり総合カタログのほかに、食品だけを載せたカタログやブランドショップで売っているカタログギフトなどもあります。一方で贈る側はカタログギフトの値段に相当する品物が掲載されている、と思いがちです。例えば五千円のカタログギフトを贈る場合、化粧箱やのし紙、相手が申し込む時に使用されるハガキ代なども含まれています。

食品カタログギフトの種類とは

おうち時間を楽しんでもらうために食品カタログギフトを選択する人も増えています。全国各地の食べ物を集めたカタログギフトもあり、なかでは地域ならではの特産品を掲載しているカタログギフトもあるのです。肉や魚、米やくだものなどの他に通常のカタログではあまり目にしないような商品もあります。

47都道府県別の食品カタログや、地域の食品を通して社会貢献ができるものもあるのです。例えば大震災や大型台風、豪雨災害などで甚大な被害を受けた被災地を応援するため、その地域の特産品を扱ったカタログや各都道府県別の商品を選択することにより、その都道府県を応援できるカタログなどもあります。食品カタログギフトを通して地域ならではの特産品にふれることができ、且つ支援にもつながる取り組みは素敵ですよね。